今日のなんてもニュース。昔のニュースもあります。何かの参考に成れば幸いです。サイト運営者


検索サイト 日本酒飲み比べセット


⇒ ふぐ刺し ⇒ もつ鍋セット ⇒ 松茸 ⇒ 餃子


うるおい生活リンリン本舗 ダイエットクリニック


2013年04月24日

スマホLTEプランの高額な通話料

スマホのLTEプランに隠された高額通話料のワナ

iPhone5の登場などで、すっかりおなじみになった新通信規格「LTE」。

便利なのは間違いないが、各キャリアとも無料通話のつくプランを用意せず、月々の支払いが以前よりも跳ね上がるケースが相次いでいる。

しかし、その原因は高速通信技術にはない。

ITジャーナリストの三上洋氏が説明する。
記事全文を読む

http://news.livedoor.com/article/detail/7617491/
この記事の著作権は配信元に帰属します








posted by なんてもニュース at 02:14| Comment(0) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

【au発表会まとめ】 新サービスに剛力彩芽らも大満足

今日のなんでもニュース

昨年10月から3ヶ月連続MNP1位と波に乗るKDDIの「au発表会2012」が、16日都内で行われた。2012年は「あたらしい自由。」を新スローガンに掲げ、「au」ブランドマークを刷新。KDDI田中孝司社長は、環境に縛られずに自由に楽しむことができる「スマートパスポート構想」を目指し、その第一弾として「auスマートパス」、「auスマートバリュー」、「au ID」の新サービスを発表した。



「スマートパスポート構想」とは、auのスマートフォンをはじめ様々なデバイスから、制約のないオープンなインターネット環境を実現させるというもの。そのカギとなるのが、今回発表された3つのサービスだ。



◆月額390円の「auスマートパス」



・厳選された500本のアプリがダウンロードし放題

・10Gバイトのストレージ

・コンビニ・飲食店などで利用できるお得なクーポン&ポイント

・ セキュリティソフト「ウィルスバスター」を搭載。サポート体制も充実



⇒詳細「auスマートパスのお得度に驚愕 月額390円でアプリ取り放題etc.」

http://nikkan-spa.jp/131177



◆「auスマートバリュー」



KDDIが全国のFTTH/CATV各社と連携し、指定の固定通信サービスに契約することで、最大2年間の月額料金を1,480円割り引くサービス。4人家族だと、auひかり(※)が実質無料に!

※ ギガ得プラン5,880円。1,480円×4人=5,920円



◆「au ID」



「au one ID」が一新され「au ID」に。au契約時に発行され、「auスマートパス」を複数デバイス、複数ネットワークで利用可能にし、いつでもどこでもコンテンツを楽しむことができるようになる。



上記の新サービスは、3月1日からAndroid2.2以降のauスマートフォンを対象に利用可能となる。



また、今月21日から放映の新CMのキャラクターに起用された井川遥、伊勢谷友介、剛力彩芽も会場に登場。auの新サービスについて聞かれると「普段からアプリを使っているので、色々あって試せるのは嬉しいです」と話す剛力に対し、井川が「スマートフォンに変えたばかりなので、剛力さんに教わりたい」とコメント。すると、同席していた田中社長が「私がいつでも教えに行きたい!」と割り込み、会場が笑いに包まれる場面も。伊勢谷は、「仕事柄、地方に行くことが多いので繋がりやすいのは嬉しい」と期待を寄せた。



⇒新CMのキャラクター「伊勢谷友介、井川遥、剛力彩芽」の画像はこちら

http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=131206





さらにCMには、自由に憧れる存在としてアニメ『巨人の星』の主人公・星飛雄馬も出演。「父ちゃんが厳しくて、まだスマートフォンを持っていないんですけど」とテレビモニターで登場した星は、「学生に優しいauに猛烈に感動している。早速父ちゃんにスマホを頼んでみます! これからも新しいauに期待してください」と締めた。



特設ブースでは、テンキーを搭載したコンパクトなスマートフォン「INFOBAR C01」などのau春モデルを美人コンパニオンさんの説明付きで体験することができた。



2012年も、新生auの動向から目が離せなくなりそうだ。



⇒ 【拡大画像】auの美人コンパニオン&新製品

http://nikkan-spa.jp/131176



取材・文/吉岡俊 撮影/林健太





■関連記事

【au発表会まとめ】 新サービスに剛力彩芽らも大満足

auスマートパスはどれほどお得なのか? 月額390円でアプリ取り放題etc.

初代PSのゲームが遊べるゲーミングスマホ




http://news.livedoor.com/article/detail/6196237/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


楽天広告






posted by なんてもニュース at 05:28| Comment(0) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

KDDI、防水スリムスマートフォン「ARROWS ES IS12F」を1月7日発売

今日のなんでもニュース

写真拡大ARROWS ES IS12F

 KDDIと沖縄セルラーは、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の防水スリムスマートフォン「ARROWS ES IS12F」を、1月7日から順次発売する。関東・関西・沖縄地区は1月7日、その他の地区は1月13日発売の予定。

 厚さ6.7mm、重さ約105gの薄型・軽量ボディに、1.4GHzの高速CPU、独自の高画質化エンジン、約4.0インチのNEW AMOLED(有機EL)ディスプレイ、有効約511万画素のカメラを搭載。IPX5/IPX8等級の防水、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信など、従来の携帯電話同様、充実した機能を搭載する。カラーは、ルビーレッドとグロスブラックの2色。富士通の最新薄型化技術を集結したハイブリッド構造やすり傷に強い「ウルトラ タフガード」塗装を採用し、薄さ、軽さに加え、安心して使える堅牢性をもたせた。

 先に発売した同じ富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の「ARROWS Z ISW11F」とは異なり、「WiMAX」に対応していない。カメラの画素数(インカメラ非搭載)、CPUなど、スペック面はやや劣るが、「ARROWS ES IS12F」のほうが3mm程度薄く、軽い。OSはAndroid 2.3。サイズは幅約64.0×高さ127.0×奥行き6.7mm(最厚部約8.5mm)で、重さは約105g。

【関連記事】
売れ筋ランキング【携帯電話】
富士通東芝モバイル、スマートフォン「ARROWS」のau向け2製品をアピール、三浦春馬さんの新CMも披露
KDDI、WiMAX対応スマートフォン「ARROWS Z ISW11F」、12月17日発売
ドコモ、全部入りスマートフォン「ARROWS X LTE F-05D」、12月17日発売
2012年の注目製品はコレだ<デジタル編1>──ネット接続は多様化の時代へ



http://news.livedoor.com/article/detail/6169390/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



楽天広告







posted by なんてもニュース at 06:06| Comment(0) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

グラフ:GoogleとAppleはスマートフォン戦争をこう勝った

今日のなんでもニュース

写真拡大

たった一年でこれほど変わるものなのか。本誌の「2011年のテクノロジー界、11大ニュース」で、私はcomScoreの米国モバイル契約者数予測に基づいて上のグラフをまとめ、スマートフォン市場のシェアの劇的変化を図示した。AppleとGoogleのiPhoneとAndroid電話機を合わせたシェアは、2010年8月から2011年11月の18ヶ月たらずに、43.8%から75.6%へと伸びた。

同じ期間にRIMのBlackberryは37.6%から19.7%へと18ポイント近く減少した。Microsoftのモバイルシェアも10.8%から5.7%に半分近く縮小した。そして18ヶ月前にほぼ5%のシェアを持っていたPalmは、事実上消滅した(comScoreがシェアの報告をやめた)。

一年と少しの間に、AndroidとAppleが米国スマートフォン市場シェアの3/4を飲み込んだ。この期間に市場シェアを合計31.8ポイント伸ばした。さらにデータを掘り下げると、増加分の殆どが Androidのもので27.3ポイントを加えたのに対して、Appleは4.5ポイント増えただけだ。

このAndroidの伸びが米国で減速しているという証拠がいくつかある(この速さは永久に続けられるものはない)。しかし、市場の支配がこれほど早く移り変わるという事実は(1年前はBlackberryがまだ米国最大のスマートフォンプラットフォームだった)実に驚くべきことだ。

シフトは起きる。そして今までにない速さで起きている。PC市場シェアがこれほど劇的に変化したことはいまだかつてなかった。
[本文]

(翻訳:Nob Takahashi)

関連記事
グラフ:GoogleとAppleはスマートフォン戦争をこう勝った
GoogleはChromeのプロモーションキャンペーンで有料リンクに関する自己ルールに違反か?
ワンセンテンスで自分のスタートアップを紹介する文のコンテスト-入賞作品決まる


http://news.livedoor.com/article/detail/6164433/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


楽天広告






posted by なんてもニュース at 06:10| Comment(0) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

「iPhoneに十分対抗できる」──端末、サービス、ネットワークに自信のドコモ


今日のなんでもニュース

"新製品「GALAXY S II LTE」を掲げる山田社長" 「端末、サービス、ネットワークが大きく進化した新世代のスマートフォンだ」──NTTドコモは10月18日に開いた同社冬春モデル発表会で、スマートフォンの新機種とiモードを引き継ぐ新サービスと本格的なコンテンツストア、LTE「Xi」の新料金プランを発表した。ソフトバンクモバイルとKDDIによるiPhone 4Sの挟撃にも「十分対抗できると思っている」と自信を見せた。

 発表した24機種のうち、スマートフォンは「GALAXY S II LTE」(SC-03D)など初めてXiに対応した4機種を含む14機種、タブレットは1機種。BlackBerry Bold 9900を除く機種でAndroidを採用しており、山田社長は「世界で最も支持されているAndroid」というフレーズを繰り返した。

 スマートフォンが主力になったのに伴い、端末カテゴリーを再編。スマートフォンは、デュアルコアプロセッサの採用など高スペックな「NEXT」シリーズと、カジュアルな「with」シリーズに分類する一方、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)は「STYLE」シリーズと「らくらくホン」に集約した。

 ドコモはGALAXYシリーズを既に累計150万台販売しており、GoogleとSamsungが19日に発表予定のAndroidフラッグシップ端末をいち早く11月に発売する予定を明かす場面もあった。

●iモードを受け継ぐ「dメニュー」

 新サービスでは、フィーチャーフォン向けの「iモード」を引き継ぐ形でポータルサイト「dメニュー」を開始。当初は約700社の3600コンテンツを提供。iモードのマイメニューは機種変更してもそのまま引き継げるようにした。またコンテンツマーケット「dマーケット」でコンテンツ配信を本格化。月額525円の定額で映画やテレビドラマ、アニメなどの動画を配信するサービスや、1曲105〜525円で配信する音楽ストアと電子書籍ストア、アプリのランキング・レビューストアを展開する。iモード向けの「iコンシェル」もスマートフォンに対応させた。

 Xiはサービスエリアの拡大を前倒しし、11年度末までに人口カバー率を約25%に、14年度末までに約98%にまで引き上げたい考え。Xi端末同士で通話が24時間無料になる新プラン「Xiトーク24」や、来年4月末まで月額4410円で利用できるパケット定額サービスなどを用意する。

●「端末、サービス、ネットワークで対抗」

 「端末、サービス、ネットワークの3つが全て高いレベルだからこそ実現した新世代スマートフォンだ」と山田社長は冬春モデルの出来に胸を張る。「iPhone 4Sが発売されてさまざまなところで話題になった。ドコモもしっかりと競合製品を出してきたい」と記者からの質問に答え、「デュアルコアプロセッサの採用では4Sの一歩先に行っているし、おサイフケータイなどの機能やXiもある。端末、サービス、ネットワークで対抗していきたい」と意欲を見せた。

 Xi対応スマートフォンの実質負担額は平均で3万円前後を想定するが、5040円割り引くキャンペーンを展開。実質負担額は平均で2万円台後半になる見通し。初代Xperia以前のスマートフォンユーザーに対し、端末購入サポート解除料相当額を実質無料(キャッシュバック)にするキャンペーンも実施。販売面でも対抗策を打っていく。

 2011年度のスマートフォン販売台数は600万台を目標に掲げていたが、9月末までの上半期で363万台、この日の時点で390万台を販売し、上ぶれを見込む。ただ、「競合商品が出てきていることもあり、10月の状況をしっかり見たい」と、iPhone 4Sの販売動向をにらみながら、想定販売目標は11月2日の4〜9月期決算発表で公表する。

■関連記事
ドコモ、Android新バージョン搭載のSamsung最新モデルを11月に発売へ
どうなるパケット定額制 Xiで新方式導入のドコモ「3Gは当面維持したい」
「GALAXYの日本国内販売に支障はない」 ドコモ山田社長
【NTTドコモ】に関連する最新記事
【iPhone 4S】に関連する最新記事


http://news.livedoor.com/article/detail/5948259/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


楽天広告




posted by なんてもニュース at 07:10| Comment(0) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

優秀スマフォスタンドは ミニチュア「ビン底メガネ」



今日のなんでもニュース

写真拡大携帯にも便利な折りたたみスタンド「megane」 エレコムは、デザインオフィス

「nendo」とコラボレーション第7弾として、スマートフォン(スマフォ)やタブレットPCを立てかけておくのに便利なスタンド「megane(メガネ)」を2011年9月下旬から発売する。

折りたたみ式で携帯にも便利

本物のメガネと同じように折りたたむことができるユニークなデザインのスタンド。「レンズ」部分には吸盤が装備されているので、スマートフォンも安定する。サイズはスマフォ用とタブレットPC用の2種。それぞれグレー・ホワイト、ブルーの3カラーがあり、スマフォ用はさらにブラック、ブラウン、ピンクを加えた6カラー展開になっている。価格はオープン。
デザイン担当は世界が注目する「nendo」

2002年にスタートした「nendo」は、東京とミラノを拠点に幅広い分野で活躍しているデザインオフィスだ。過去にはニューズウィーク誌の「世界が尊敬する日本人100人」「世界が注目する中小企業100社」に選出されるなど、海外からも高い評価を受けている。なお、8月にはコラボ商品第6弾として、蛇口の形をしたスタンド「JAGUCHI(ジャグチ)」を発売している。<モノウォッチ>

■J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。

J-CASTニュースはおかげ様で5周年!「5周年特設ページ」もオープン!



http://news.livedoor.com/article/detail/5871981/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


楽天広告





posted by なんてもニュース at 03:29| Comment(1) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

スマートフォン最新機種購入者の満足度は?……2011年8月14日〜8月20日のアクセス数トップ5




 先週は、夏季休暇でお仕事がお休みの方も多かったでしょう。業種や企業によっては、節電を目的に輪番操業を実施し、8月中は休日ばかりで、その代わり9月以降は祝日はすべて出勤、という方もいるかもしれません。今回は、お盆休み期間を含む8月14日から8月20日までの7日間に、アクセスが多かった当サイトの記事とランキングページをご紹介します。まずは記事のトップ5から。

記事別アクセス数 トップ5
1位 二人に一人はスマートフォン、ユーザー満足度は「GALAXY S II」がNo.1(2011/8/11掲載)
2位 平均単価3万円台、安いのにバッテリ駆動時間が長い「節電・節約ノートPC」に注目(2011/8/11掲載)
3位 「このカメラは何だ」から始まった――ミラーレス一眼「OLYMPUS PEN」の商品戦略(2011/8/9掲載)
4位 Yahoo!ブランドのスマートフォン「Yahoo! Phone」、ソフトバンクモバイルから(2011/8/18掲載)
5位 ドコモ、スマートフォン「GALAXY S II SC-02C」「MEDIAS WP N-06C」に新色追加(2011/8/12掲載)

 1位は、「二人に一人はスマートフォン、ユーザー満足度は『GALAXY S II』がNo.1」でした。記事中の「ユーザー満足度調査」の棒グラフの数値をみると、ワースト1・2の機種以外、「非常に満足」「満足」「まあ満足」と回答した人の割合は80%を超えていることがわかります。お気に入りのアイテムでも、必ず一つや二つは気に入らない点はあるもの。この調査結果から、最新スマートフォンを買った方は、機種を問わず「おおむね満足している」といえるでしょう。

 スマートフォンに関しては、現在のラインアップに加え、8月下旬〜9月にかけて、「GALAXY S II SC-02C」の新色ホワイトや、初のYahoo!ブランドの端末「Yahoo! Phone」などの新製品が発売になる予定。インターネット上では、9月以降発売予定の「Windows Phone IS12T」が前倒しで発売されるという噂や、iPhone 4の後継機「iPhone 5」の発売日が10月に決定したといった噂も流れています。また、Androidを開発している米Googleは、現地時間8月15日、携帯端末メーカーのモトローラを買収すると発表しました。日本市場への直接の影響は未知数ですが、今後のAndroidの方向性や世界規模での端末メーカーの戦略に変化が起きそうです。

 続いて、ランキングページのアクセス数のトップ5。

・1位 携帯電話
・2位 デジタル一眼カメラ
・3位 ノートPC
・4位 コンパクトデジタルカメラ
・5位 液晶テレビ

 前週と同じく、1位は「携帯電話」、2位は「デジタル一眼カメラ」でした。デジタル一眼は、携帯電話やノートPCなどと異なり、モデルチェンジのサイクルが長く、参入メーカーも少ないので、新製品の話題はあまり多くありませんが、そのぶん、新製品が発表されたときの反響は非常に大きいものがあります。

 写真撮影に最適な秋の行楽・運動会シーズンに向け、新たな動きが出て来ました。オリンパスは、6月末にミラーレス一眼3機種を発表し、まずは7月22日に「OLYMPUS PEN E-P3」を発売しました。8月31日には「PENTAX Q」も発売になります。デジタル一眼ファンの方は、これから発表されると思われる新製品の情報とランキングをぜひチェックしてください!★Webサイト「BCNランキング」Twitter公式アカウントをフォロー
Follow @bcnranking_jp 〜現在展開中のテーマ特集ページ〜



【過去記事】
最新エコ家電に買い替えて節電しよう!……2011年8月7日〜8月13日のアクセス数トップ5
今年はウォークマンのソニーがシェアトップ!?……2011年7月31日〜8月6日のアクセス数トップ5
iPhoneの日本上陸から3年、ますます注目が集まるスマートフォン……2011年7月24日〜7月30日のアクセス数トップ5

【関連記事】
二人に一人はスマートフォン、ユーザー満足度は「GALAXY S II」がNo.1
「このカメラは何だ」から始まった――ミラーレス一眼「OLYMPUS PEN」の商品戦略
売れ筋ランキング【携帯電話】
売れ筋ランキング【デジタル一眼カメラ】
売れ筋ランキング【液晶テレビ】
売れ筋ランキング【コンパクトデジタルカメラ】
売れ筋ランキング【ノートPC】



http://news.livedoor.com/article/detail/5802695/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

楽天広告




posted by なんてもニュース at 06:43| Comment(0) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

「涼宮ハルヒ」シリーズ最新作、早くも電子書籍化!

写真拡大「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)BOOK☆WALKER special edition」表紙(C)谷川流・いとうのいぢ/角川書店 人気ライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズの、先日発売された最新作「涼宮ハルヒの驚愕」の電子書籍が早くも7月21日より配信されることが明らかになった。4年ぶりとなる新作が発表されたばかりの同シリーズは、全世界累計部数が1,650万部を突破。今回の電子書籍化に際してはおまけイラストも付いてくるということで、ファンは見逃せない仕様となっている。
 今回電子書籍化される「涼宮ハルヒの驚愕」は5月25日に初回限定版が、6月15日には通常版が発売されたばかりのシリーズ4年ぶりの新作。ライトノベルとしては史上最高の初版51万3,000部を記録し、前後編累計で合計102万6,000部を突破している。今回、同書はiPhone/iPad、およびAndoroid OS搭載機向けの電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WAKJER」より配信されることが決定。販売方法や価格は後日発表予定となっているものの、現時点で前後編が別配信されること、またおまけイラストが付いてくることが明かされており、徐々に浸透してきているスマートホン向けということとも相まって、さらに部数を伸ばすことは確実だ。
 谷川流の「涼宮ハルヒ」シリーズは、2003年に第1作「涼宮ハルヒの憂鬱」が発売されるやいなや中高生を中心に人気を博した学園SFコメディー。これまでに10作(11冊)が発表されており、2006年にはテレビアニメ化もされた。2009年発表の映画『涼宮ハルヒの消失』は2時間を超える長尺でありながら、原作の忠実な映画化作品として好評を博しただけでなく、終盤の映画オリジナルの展開も話題になるなど、劇場用アニメーションとしては異例の大ヒットを記録。アニメの平野綾、茅原実里、杉田智和、小野大輔といった声優陣も、本作を機に大ブレイクを果たし、ライトノベル界だけでなく、アニメ界にもブームを巻き起こした。
 通常、ライトノベルのシリーズものは1年に2作以上出版されることが珍しくない。「涼宮ハルヒ」シリーズも初期こそは、1年に2〜3作という出版ペースだったものの、徐々に間隔が空き、先日の「驚愕」は実に4年ぶりの新刊。それでいながら、前後編合計で100万部以上を売り上げるあたり、シリーズの底力が見て取れる。また、シリーズ1作目も先日ライトノベル初の100万部を突破するなど、ライトノベル業界には珍しく長きにわたって売れ続ける作品となっている。
 過去のシリーズの電子書籍化も徐々に進んでおり、今回の「驚愕」を読者が受け入れる土壌は整っているといえそう。今やライトノベルを語る上では欠かすことのできない同シリーズが、今後どのように展開していくのか。気になるところだ。(編集部・福田麗)
電子書籍「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)BOOK☆WALKER special edition」は7月21日より配信開始
【関連情報】
・「涼宮ハルヒの驚愕」特設サイト
・2009年の映画『涼宮ハルヒの消失』場面写真
・涼宮ハルヒの美少女声優・平野綾、続編に意欲満々 自分の性格さえも激変させたハルヒの影響明かす
・英語版『涼宮ハルヒの消失』は現在鋭意制作中 公式Facebookでアフレコ風景を公開
・「涼宮ハルヒ」で英語を覚える本が発売 名セリフの英訳も完全収録した参考書



http://news.livedoor.com/article/detail/5692729/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



涼宮ハルヒの退屈
posted by なんてもニュース at 05:50| Comment(0) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

[DSJ 2011]さらに進化するデジタルサイネージの世界









写真拡大[DSJ 2011]さらに進化するデジタルサイネージの世界デジタルサイネージジャパン 2011が見せる新しい世界とは?

6月8〜10日の3日間千葉幕張メッセにおいてInterop Tokyo 2011、IMC Tokyo 2011、デジタルサイネージジャパン 2011(DSJ 2011)が開催された。通信と放送の融合は10年ほど前から言われていたが、7月のアナログ完全停波によるデジタル放送への移行により、その勢いは更に加速しそうだ。


ワンセグやスマートホンなどのインフラの充実は、既存の放送電波や携帯電話網にとらわれないWiFiなどワイヤレス通信網の発達により、新たなリッチメディアとして今後の成り行きが注目される分野だ。また、中でもデジタルサイネージが注目だ。デジタルサイネージも既存のポスターや看板などとの置き換えにとどまらず、放送や通信との融合によりインタラクティブ性を取り入れ、大画面を生かした高精細化や3Dなど様々な取り組みがなされている。コンピュターや通信網に表現力を加えたらどうなるのか。それを具現化したのが昨今のデジタルサイネージといえるだろう。その活用の範囲は公共施設や交通機関は言うに及ばず、携帯電話やタブレットPCなど情報が映像や音声を伴って伝達できる手段をもつものであればほとんどすべてが対象となる。映画のマイノリティ・リポートで登場したデジタルサイネージの世界は、絵空事ではなく既に現実として始まっているといえよう。



アールエス

アールエスはアミューズメント業界から2007年にデジタルサイネージ事業に参入したということもあり、インタラクティブに遊べる要素のある「まじゾウ」のようなものやネットを介さないローコストなスタンドアローンタイプなどを出品。



体感型デジタルサイネージシステム「まじゾウ」。カメラが搭載されており、写った人のアクションで遊べる要素をもったデジタルサイネージシステム。






バーなどのメニュータイプのデジタルサイネージシステムDIGITAL FACE。普段はプロモーション映像が流れているが人が近づくとメニューを表示(バリュープロモーション)。

アスク

アスクはATIのグラフィックチップを搭載したACUBE社のディスプレーカードによるビデオウォールやデジタルサイネージ向けのソリューションを出展。




1枚のグラフィックカードで3から6画面出力可能なAMDのGPUを搭載したFireProシリーズ。





DisplayPortから3つの画面出力ができるアダプターを参考出品。最大1280x1024のレゾリューションで3画面を60Hzで出力できる。


アストロデザイン株式会社

ビデオカメラや各種測定器など様々な映像機器を手がけるアストロデザインだが、デジタルサイネージ向けの製品として、メディアインテグレーターMI-2100やマルチメディアスキャンコンバーターMC-2075、フレキシブルスキャンコンバーターSC-2067などの新製品を出品した。



フレキシブルスキャンコンバーターSC-2067。RGB、コンポーネントYPbPr/Y(R-Y)(B-Y)、コンポジットVBSのアナログのほか、DVI-DやHDMI、SD-SDI、3G-SDIなどのデジタル信号など幅広く対応。





メディアインテグレーターMI-2100。スキャンコンバーター機能やコンテンツの不正コピーを防止する著作権保護技術HDCPにも対応したデジタルマトリックススイッチャー。最大68chの入出力に対応しており、運用タイムスケジュール機能や入力チャンネル毎のOSD表示なども可能だ。



アルファジャパン

高輝度屋外型デジタルサイネージを展示。屋外型サイネージ利用による自治体をはじめとする地域情報・災害発生時情報ネットワークの構築提案、地域振興・観光促進をねらいとしたネットショップコンテンツ連携などを出展。



ディスプレー表示されている映像情報に関連する詳細情報を紙媒体出力するプリント連動型やタッチパネルサイネージ、ネットショップ連動サービス、スマートフォン連動サービスなどを出品。



ITTOCAN

4面マルチディスプレーを使用したREACT。人の動きに反応して浮遊しているバルーンにキャラクター画像やロゴ画像などの画像を表示可能。表示されているバルーンは跳ねたり、割れたりして視覚効果を高めている。



NTTグループ

Interop TokyoのNTTコミュニケーションブースとは別にこちらにも出展。規模や用途に応じて選択できるデジタルサイネージサービス「ひかりサイネージ」やデジタルサイネージ用Androidアプリ「ひかりサイネージLite」のほかメディアプレーヤーを搭載したネットワーク対応型ディスプレー、携帯電話連携サイネージなどを出品。




参考出展のメディアプレーヤー内蔵のネットワーク対応型23型ワイド液晶ディスプレーVIDEO AMART。




参考出品の携帯電話連携サイネージ。携帯電話からの音声ガイダンスを利用した双方向サービスを実現。


株式会社構造計画研究所


カメラセンサーを活用した行動計測や属性推定、場の空間を計る技術やARなどの表現処理、計測されたデータを活用するレコメンデーション技術などを応用したサイネージシステムの提案を展開。




カメラが捕らえた顔を元に個人認証や性別、年齢などを認識する技術デモ。


光文堂

印刷機材を扱う商社だが、ポスターなどの印刷媒体からデジタルサイネージシステムも手がける。タッチ式デジタルサイネージTOUCHENGEやモーションキャプチャーを利用したインタラクティブなサイネージシステムなどを出展。



光和コンピューター

光和コンピューター、ニッセン、オールが共同提供するデジタルサイネージを核とした店頭支援サービス。タッチパネルで服装を選ぶと、画面内のキャラクターが着替えるバーチャルコーデ、書店用サイネージほんやチャンネル×PiTSPOT、音で情報伝達するINFOSOUND〜サウンドサイネージのほか、サイネージ配信・編集ソフトウェアirodoriなどを出品。



シャープ


シャープは高輝度大画面で液晶パネルの目地が目立たないインフォメーションディスプレーi3wallをふんだんに使ったブースを設営。通路の目立つ位置ということもあるが迫力のある展示を行った。他にも32v型薄型ディスプレーやクラウド型サイネージ配信サービス、タッチパネル一体型インフォメーションディスプレーなど液晶のシャープらしい出展を展開していた。





LEDバックライトの採用により高輝度かつ低消費電力のi3wall。組み合わせたときの目地が6.5mmで目立たない。



タッチパネル一体型ディスプレー。デジタルサイネージシステムのほか、電子黒板としての応用も可能


セガ

男性トイレ用のおもしろ電子POPトイレッツを全面にPR。既存のトイレに取り付け可能で画面はUSBメモリーで簡単に入れ替え可能なほか、スピードセンサーによりおしっこの量が計れたり、おしっこ落書き洗い流しゲームなどを搭載可能。男子トイレ専用でイス型の洋式便座用はないので、残念ながら女性は利用できない。



セガブース近くの会場のトイレに設置されたセガのトイレッツ。実際に利用してみたが、これにより駅のトイレとかで利用マナーの向上につながるかも。



田中印刷所

3D動画コンテンツの制作会社がその技術を生かしてバーチャルマネキンを制作。人型に切り抜いたアクリル板にリアプロジェクションフィルムを貼り、背面から3DCG化した人物やキャラクターをプロジェクターで投影するというもの。




左が3DCGバーチャルマネキン、右が人形LEDパネルLiPで、メガネを掛けることで立体視も可能。思わず裏を覗き込んだり触れてみたりする人が結構いた。




大日本印刷

大日本印刷といっても既に印刷以外の事業比率のほうが高く、進出している事業分野も多岐にわたっている。今回同社では「今、DNPデジタルサイネージにできること-つたえる。うごかす。つながる。」をテーマに5つのコーナーで電子ペーパーや災害時情報発信自販機、裸眼3D映像ソリューション、透明液晶POPなどを出展した。




電子ペーパーのソリューション。ハードからコンテンツ、通信技術までトータルサポート。





裸眼3D映像ソリューション。明るさでメリットのあるレンチキュラーレンズ方式を採用している。




透明液晶電子POP。背面に現物の商品などを置くことで、液晶を表示していない時には奥の商品が見えるというもの。



災害時情報発信自販機。停電時に自販機内の商品を無料提供するだけでなく、バッテリーやソーラーパネルを装備することで、一定時間テレビ放送やWEBの情報を受信することができる。


日本サムスン/エヌジーシー

「Digital Signage for Ecology」をコンセプトに、サムスン電子の低消費電力LEDバックライトディスプレーを中心に、タブレットPCやスマートフォンなどとデジタルサイネージの連携のデモ@サイネージや裸眼立体3Dディスプレー、65型タッチパネルなどの出展が行われた。







タッチパネルディスプレーを組み込んだデスク型サイネージシステムSurface。



◀[IMC TOKYO 2011]


■関連記事
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS
・Harmonic Japan、九州放送機器展2011 出展概要を発表
・Cubase Artist 6とUSBオーディオインターフェース&コントローラーのセットCubase Artist Plus Packが発売に
・クリスティ、第19回3D&バーチャルリアリティ展の出展内容を発表
・パナソニック、震災影響で営業利益が3年ぶり減益
・[Appleの向こう側-yamaq blog Extended-]Vol.12 モバイル化するOS



http://news.livedoor.com/article/detail/5630011/
※この記事の著作権は配信元に帰属します
posted by なんてもニュース at 05:52| Comment(0) | スマートホン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




ダイエットクリニック

うるおい生活リンリン本舗






半沢直樹 片岡愛之助がキレたときのおねえ言葉が最高と話題



◆6本で7900円◆2本ずつ3回に分けて発送!◆スポイト付NEWカークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】
【ニコニコお得セット】シトルリンXL 2個+シトルリンXLプレミアム2個【送料無料】ゆうパック発送《代引の郵便局留め不可》サガワ・ヤマト発送不可【うるおい生活リンリン本舗】
◆6本で7900円◆2本ずつ3回に分けて発送!◆スポイト付NEWカークランドロゲイン5%(男性用)【ニコニコお得セット】シトルリンXL 2個+シトルリンXLプレミアム2個【送料無料】




TOPへ戻る